このページの本文へ

人と自然をつなぐ島 隠岐ユネスコ世界ジオパーク

サイトマップ

このページの位置
Home > 独自の生態系 > 花カレンダー

花カレンダー

タブ形式で一覧の表示/非表示を切り替えています。

春 (3〜5月)

種名(科) 写真(撮影日) 開花期(月) レッドデータブック 備考
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
アマドコロ(キジカクシ科) 写真:アマドコロ(5月24日) 3月〜6月 開花期始まり 開花期 開花期 開花期終わり

寒地系植物。北海道~九州に分布し、山地の草地などで見られる。花は鐘形で白く、先端は緑色を帯びる。同属のナルコユリとよく似るが、本種の茎は角張っているので区別できる(一方、ナルコユリの茎はまるい)。

オオイワカガミ(イワウメ科) 写真:オオイワカガミ(4月26日) 4月〜5月 開花期始まり 開花期終わり

寒地系植物(亜高山性植物)。隠岐の島町(島後)の久見川沿いで見られる。本土では、亜高山帯で見られる植物だが、隠岐の島町(島後)では、海抜0mの海岸周辺の岩場にも生育する。淡紅色~紅紫色の花が、6~15個横向きにつく。花びらの先端は、細かく裂ける。

オキシャクナゲ(ツツジ科) 写真:オキシャクナゲ(4月23日) 4月〜5月 開花期始まり 開花期終わり 隠岐固有種
島根県絶滅危惧Ⅱ類

寒地系植物。隠岐の島町(島後)で見られる。本土のシャクナゲは、深山の尾根や岩場で見られるが、隠岐の島町(島後)では、平地にも生育する。毎年ゴールデンウィークには、村上家隠岐しゃくなげ園で「しゃくなげ祭」が開催される。

オキタンポポ(キク科) 写真:オキタンポポ(4月12日) 4月〜5月 開花期始まり 開花期終わり 隠岐固有種

和タンポポの一種で、隠岐島全域で見られる。一方、セイヨウタンポポの侵入により、オキタンポポの生息が脅かされており、隠岐島全域で、オキタンポポの分布調査とセイヨウタンポポの駆除活動が行われている。

オニヒョウタンボク(スイカズラ科) 写真:オニヒョウタンボク(4月19日) 4月〜6月 開花期始まり 開花期 開花期終わり 島根県準絶滅危惧
環境省絶滅危惧Ⅱ類

大陸系植物。東北地方~中国地方までの間に隔離的に分布し、島根県内では、隠岐島でのみ見られる。花は、葉の付け根に2花づつつき、筒状の先で2唇形となる。白い花を咲かせ、後にやや黄色を帯びてくる。

カタクリ(ユリ科) 写真:カタクリ(3月22日) 3月〜4月 開花期始まり 開花期終わり 島根県絶滅危惧Ⅱ類

寒地系植物(北方系植物)。隠岐の島町(島後)の「カタクリの里」で見られる。本土では、山地に分布するが、隠岐では、海岸近くに生育する。紅紫色の花を下向きにつけ、花びらのつけ根には独特な濃紫色の斑紋がある。地域住民のボランティア活動によってカタクリ公園として保護されている。

ゴマギ(スイカズラ科) 写真:ゴマギ(4月30日) 4月〜5月 開花期始まり 開花期終わり

寒地系植物(北方系植物)。日本固有種。本州(関東地方以西の太平洋側)、四国、九州、琉球に分布する。枝先に直径7〜9㎜の白い小花を多数つける。ゴマギ(胡麻木)の和名は、葉を揉んだり、葉や枝を傷つけるとゴマ(胡麻)の匂いがすることから。また、多雪地域に適応したゴマギの変種であるマルバゴマギも分布している。マルバゴマギは、ゴマギより葉や散房花序が大きい。

チョウジガマズミ(スイカズラ科) 写真:チョウジガマズミ(4月16日) 4月〜6月 開花期始まり 開花期 開花期終わり 島根県準絶滅危惧
環境省準絶滅危惧

暖地系植物。隠岐島の代表木。全国的に分布が限られており、隠岐島では、海岸または海岸周辺の岩場で見られる。枝先に20花程の白い小花をつける。一方、蕾は紅色を帯びる。花は甘酸っぱい香りがする。隠岐島以外では、中国地方、四国、九州に分布する。

ツシマナナカマド(バラ科) 写真:ツシマナナカマド(5月21日) 5月〜6月 開花期始まり 開花期終わり

暖地系植物。隠岐島全域の海岸周辺で見られる。白い小花を多数咲かせ、実は果実酒にも利用できる。葉は奇数羽状複葉で、秋には真っ赤に紅葉する。

ツルシキミ(ミカン科) 写真:ツルシキミ(4月10日) 4月〜6月 開花期始まり 開花期 開花期終わり

寒地系植物。雌雄異株(写真は雌株)。本土では、多雪地域の林床で見られるが、雪の少ない隠岐島でも見られる。雌雄とも枝先に直径1cm程の香りのある白い小花をつける。雌花には退化した雄しべがある。

トベラ(トベラ科) 写真:トベラ(5月14日) 4月〜6月 開花期始まり 開花期 開花期終わり

暖地系植物。雌雄異株(写真は雄株)。東北地方南部以南、四国、九州、琉球に分布する。雌雄とも枝先に直径2cm程の香りのある白~クリーム色の小花をつける。雌花の雄しべは葯(やく)の発達が悪い。トベラ(扉)の和名は、臭みがある枝葉を、節分時に鬼よけとして扉にはさむ習慣から。

ハマダイコン(アブラナ科) 写真:ハマダイコン(5月21日) 4月〜6月 開花期始まり 開花期 開花期終わり

俗名ノダイコン。隠岐島の沿岸部で見られる。ハマダイコンの根茎は、辛味大根より辛く、薬味として利用できる。毎年春には、知夫村(知夫里島)の仁夫里浜公園で「野ダイコン祭り」が開催され、赤ハゲ山一面に咲いたハマダイコンが見られる。

ホタルカズラ(ムラサキ科) 写真:ホタルカズラ(4月20日) 4月〜6月 開花期始まり 開花期 開花期終わり 島根県準絶滅危惧

全国に分布し、隠岐島では、海岸沿い、林縁、山地の草地で見られる。直径1.5cm程の青紫色の5裂した花をつける。花には5本の白い隆起がある。

ミツバイワガサ(バラ科) 写真:ミツバイワガサ(5月18日) 4月〜5月 開花期始まり 開花期終わり

大陸系植物。福井県以西の日本海側および朝鮮半島南部に分布する。隠岐島では、海岸や道路脇の崖地などの岩場で見られる。枝先に白色~淡紅色の小花を多数つける。イワガサの変種とされ、本種の葉は基本種より浅く裂ける。

ヤブツバキ(ツバキ科) 写真:ヤブツバキ(11月12日) 11月〜4月 開花期 開花期 開花期 開花期終わり 開花期始まり 開花期

日本固有種。隠岐島全域で見られる照葉樹の代表木。国内では、北海道以外に分布する。枝先に直径5~7cm程の赤色(まれに淡紅色や白色)の花をつける。また、隠岐では、花と葉の形が地域によって微妙に異なる。

ヤマシャクヤク(ボタン科) 写真:ヤマシャクヤク(4月23日) 4月〜6月 開花期始まり 開花期 開花期終わり 環境省準絶滅危惧

寒地系植物。本土では、山地帯に分布しているが、隠岐島では、海岸周辺で見られる。花は白色で、3-4日程咲く。ヤマシャクヤク(山芍薬)和名は、山地帯に生え、シャクヤクに似ていることから。

ユキグニミツバツツジ(ツツジ科) 写真:ユキグニミツバツツジ(4月23日) 4月〜5月 開花期始まり 開花期終わり

寒地系植物(北方系植物)。本土では、多雪地域に分布するが、隠岐島では、海岸周辺で見られる。枝先に紅紫色の花を1個ずつつける。また、名前の通り、枝先に3枚の葉をつける。

夏 (6〜8月)

種名(科) 写真(撮影日) 開花期(月) レッドデータブック 備考
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
アジサイ(アジサイ科) 写真:アジサイ(7月27日) 5月〜7月 開花期始まり 開花期 開花期終わり

隠岐の島町(島後)の白島海岸では、雪をのせた花が見られる。白島海岸の栽培品種は、「エンドレスサマー」。観賞用の「アジサイ」は、日本の「ガクアジサイ」を元に、日本、ヨーロッパ、アメリカなどで、観賞用に品種改良されたものである。

エゾノヨロイグサ(セリ科) 写真:エゾノヨロイグサ(6月28日) 6月〜8月 開花期始まり 開花期 開花期終わり 島根県絶滅危惧Ⅰ類

寒地系植物。国内では、本州(中部地方以北)と北海道に分布するが、隠岐の島町(島後)と鳥取県(大山)でも見られる。日当たりのよい路傍や林縁の草地で生育し、枝先に白い小花を多数つける。

オキノアザミ(キク科) 写真:オキノアザミ(5月16日) 5月〜8月 開花期始まり 開花期 開花期 開花期終わり 隠岐固有種

隠岐島全域の道端などで簡単に見られる。本土のノアザミと比べて、全体的にトゲが多く、特に、花の基部にはするどいトゲがある。

クサギ( シソ科) 写真:クサギ(7月30日) 7月〜9月 開花期始まり 開花期 開花期終わり

暖地系植物。全国に分布する先駆性樹木(開放的な明るい場所に、いち早く生えて育つ木)。枝先や上部に、雄しべと雌しべが突き出た芳香のある白い花をつける。クサギ(臭木)の和名は、葉の悪臭から。また、若葉を天ぷらにして食べることもある。

シロウマアサツキ(ヒガンバナ科) 写真:シロウマアサツキ(6月 7日) 6月〜7月 開花期始まり 開花期終わり

寒地系植物(亜高山植物)。隠岐島全域で見られる。野生の分葱(ワケギ)で、本土では、亜高山帯で見られる植物だが、隠岐島では、主に海岸部に生育している。

タケシマシシウド(セリ科) 写真:タケシマシシウド(7月 6日) 6月〜7月 開花期始まり 開花期終わり 島根県絶滅危惧Ⅰ類

海士町文化財(平成24年指定)。世界でも、韓国・鬱陵(うつりょう)島と海士町(中ノ島)の2つの離島でのみ確認されている。海士町(中ノ島)の明屋海岸エリアに群生地がある。タケシマシシウドの名は、以前、鬱陵島を「タケシマ」と呼んでいたことから。

ナゴラン(ラン科) 写真:ナゴラン(7月10日) 6月〜7月 開花期始まり 開花期終わり 島根県絶滅危惧Ⅰ類
環境省絶滅危惧ⅠB類

暖地系植物島根県固有評価:分布限界種(北限)。隠岐の島町(島後)の「春日神社」の境内で見られる。多くはモミ、ウラジロガシの樹幹に着生するが、隠岐の特徴として、クロベ、ヒメコマツ、クロマツの樹幹にも着生する。また、本来は、冬季でも常緑だが、隠岐では、葉をシワシワにして越冬する。

ナツエビネ(ラン科) 写真:ナツエビネ(8月16日) 7月〜8月 開花期始まり 開花期終わり 島根県絶滅危惧Ⅱ類
環境省絶滅危惧Ⅱ類

本州・四国・九州の山地に分布する。隠岐島では、知夫村(知夫里島)以外の山地の林床で見られる。葉間に葉より高い花茎を伸ばし、白色~淡紫色の花を10~20個程つける。

ハマナス(バラ科) 写真:ハマナス(5月 3日) 5月〜8月 開花期始まり 開花期 開花期 開花期終わり 島根県絶滅危惧Ⅰ類

寒地系植物。国内では、北海道や東北などの海岸に分布する植物が、隠岐の島町(島後)の「春日神社」前の海岸でも見られる。また、「春日神社」では、ナゴラン(暖地系植物)とハマナス(寒地系植物)が道路一本をはさんで隣接するという、他の地域では見られない植生となっている。

ヤマボウシ(ミズキ科) 写真:ヤマボウシ(6月10日) 6月〜7月 開花期始まり 開花期終わり

寒地系植物。本州~九州の山地の尾根やブナ林に点々と分布する。白色(まれに紅色)の花びらのように見えるのは、総苞片(つぼみを包んでいた葉)である。花の本体はというと、総苞片の中央部に、淡黄色の小花が20~30個球状に集合している。ヤマボウシ(山法師)の和名は、花を法師に見立てたことから。

秋冬 (9〜2月)

種名(科) 写真(撮影日) 開花期(月) レッドデータブック 備考
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
オキノアブラギク(キク科) 写真:オキノアブラギク(10月17日) 9月〜10月 開花期始まり 開花期終わり 隠岐固有種

島根県と山口県にのみ分布し、隠岐島全域の海岸周辺の岩場や道路脇で見られる。黄色の花をつけ、葉の両面には微毛がある。秋には、道路脇の斜面を黄色に彩る。

ダルマギク(キク科) 写真:ダルマギク(10月 4日) 9月〜11月 開花期始まり 開花期 開花期終わり 島根県準絶滅危惧

大陸系植物。九州~日本海側海岸に分布し、山口県~島根県、さらには朝鮮半島、ウスリー(ロシアと中国の国境地域)にかけて分布し、海岸の岩上や岩壁で見られる。青紫色(まれに白色)の花をつける。葉の両面に軟毛が密生する。

トウテイラン(ゴマノハグサ科) 写真:トウテイラン(9月 1日) 8月〜9月 開花期始まり 開花期終わり 島根県準絶滅危惧
環境省絶滅危惧Ⅱ類

隠岐島を代表する植物。隠岐島全域で見られるが、特に知夫村(知夫里島)に多い。海岸の岩場で見られ、まれに内陸の露岩や道路法面にも生育する。青紫色の小花を多数つけ、植物体全体が白色の綿毛に被われる。隠岐島以外では、鳥取県、兵庫県、京都府の日本海の海岸の一部に限られる。

ヒメヒゴタイ(キク科) 写真:ヒメヒゴタイ(7月30日) 8月〜10月 開花期始まり 開花期 開花期終わり 環境省絶滅危惧Ⅱ類

大陸系植物。北海道、本州、四国、九州、さらには中国、シベリア東部に分布し、日当たりの良い草地で見られる。頭花は紅紫色、多数が散房状につく。総苞片(つぼみを包んでいた葉)の先に淡紅色で膜質の付属体がある。

ミヤマウズラ(ラン科) 写真:ミヤマウズラ(8月31日) 8月〜9月 開花期始まり 開花期終わり

寒地系植物。北海道、本州、四国、九州の平地~山地の林床で見られる。和名にミヤマ(深山)と付くが、人里近い山林でも見られる。淡いピンク色の小花を一方向に偏ってつける。ミヤマウズラ(深山鶉)の和名は、暗緑色で、白い網目状の斑紋が入った葉が、ウズラ(鶉)の羽の模様に似ていることから。

タブ選択に戻る

Copyright 2013 Oki Islands UNESCO Global Geopark Office