このページの本文へ

人と自然をつなぐ島 隠岐ユネスコ世界ジオパーク

サイトマップ

このページの位置
Home > 独自の生態系 > ジオパークを楽しむための“目のつけどころ”(生物編) > 生態系を支えるもの ~生態系の基礎知識~

生態系を支えるもの ~生態系の基礎知識~


生態系の仕組み

ひとつの地域、あるいは環境とその中で暮らす生物を全てひとまとめにして「生態系」と呼ぶことがあります。生態系と言うと、ついつい生物間の関係(食べる−食べられる、など)が重視されがちですが、湿度や温度、地形や日射量、土壌の栄養などの環境の特徴も当然ながらそれぞれの生態系の成立と維持や変化に関わっています。

そして、そのような環境の特徴には当然、地質や地形も関係しています。自然保護、種の多様性の保全の大切さがテレビや新聞で語られることは多いですが、一種だけの生物を守るということは、非常に難しく、生態系まるごとを保全するという取り組みの方が、よっぽど確実な成果がある場合があります。そしてそのためには、環境そのものを守るということも考えなければならないのです。

隠岐ユネスコ世界ジオパークでは、生物だけでなく、生物の暮らす環境まで含めた、生態系そのものも「大地の遺産」のひとつとして考え、紹介しています。

ポイント

  • 生態系はひとつの環境とそこにいる生物をひとまとめにしたもの
  • 生態系を支えているものは大地
  • 生物の保護は生態系の保護から