このページの本文へ

人と自然をつなぐ島 隠岐ユネスコ世界ジオパーク

サイトマップ

このページの位置
Home > 独自の生態系 > 隠岐独特の植生 > 春日浜の植生

春日浜の植生

島後の北東部に位置する布施地区の春日の浜周辺では、隠岐の植生の特徴である、本来であれば別々の異なる環境に生えている植物が一ヶ所に集まっている様子を見る事ができます。

海岸近くの春日神社境内のクロマツには南方系のナゴランが着生し、クロマツの足下には山地性のオキシャクナゲが植樹されています。また、道路を隔てた海岸には北方系のハマナス、大陸性のトウテイラン、ミツバイワガサ、チョウジガマズミなどが自生している様子を観察することができます。


ハマナス(北方系)


ナゴラン(南方系)


オキシャクナゲ(固有種)

ポイント

  • 本来であれば異なる場所に分布するはずの植物の混在
  • ナゴラン、ハマナス、トウテイラン、ミツバイワガサ、チョウジガマズミ、オキシャクナゲ

Copyright 2013 Oki Islands UNESCO Global Geopark Office