このページの本文へ

−人と自然をつなぐ島− 隠岐ユネスコ世界ジオパーク ホーム

Menu

このページの位置: ホーム 祭りカレンダー 隠岐神楽

祭りカレンダー

隠岐神楽は、石見神楽に代表されるような「見せる神楽」とは異なり、素朴で古風な神楽です。また、出雲や石見の神楽では神職が舞っていたが、隠岐神楽では神楽専業の家系「社家(しゃけ)」が舞っていました。かつては、隠岐の島町(島後)では13社家、島前では5社家が神楽を行っていましたが、現在では、地域住民によって行われています。隠岐神楽は、神社への奉納に限らず、豊作・大漁祈願、雨乞い、疫病退散、航海安全、などを祈祷するために行われていました。そのため、巫女が重要な役割を果たしています。

隠岐神楽は、隠岐島前神楽と島後神楽に大別され、両方の神楽に共通する演目でも内容が異なるなど、その芸風に違いがあります。隠岐島前神楽の特徴は、速めで賑やかな囃子(はやし)に、舞い手が舞台中央の約4畳上や船上で舞います。また、隠岐島前神楽だけの演目(大蛇退治の「八重垣」)もあります。一方、島後神楽は、周吉(すき)神楽と隠地(おち)神楽に分けられ、悠長な囃子に、舞い手が、舞台中央にある約2畳の大変狭い板張りの上で舞います。

隠岐島前神楽

祭りの名前 写真 日時・場所 備考
おきどうぜんかぐら
隠岐島前神楽
写真 海士町、西ノ島町、知夫村

隠岐島前神楽は、①巫女による神懸かりの形が保存されている。②出雲神楽の元の形が残されている(古い形態のまま保存されている)。③演戯のみでなく、神事の要素も保存されている。ことから、県指定無形民俗文化財(海士町と西ノ島町の隠岐島前神楽)に指定されています。

島後神楽

祭りの名前 写真 日時・場所 備考
とうごう・いまづかぐら
東郷・今津神楽
写真 毎年 3月開催
(2018年3月18日)
佐々木家住宅

周吉神楽の1つ。かつては、東郷神楽と今津神楽は、別々に開催していましたが、現在は、合同開催です。また、東郷神楽は、旧周吉郡東郷神楽として町指定無形民俗文化財となっています。

なぐちかぐら
那久路神楽
No Photo 西暦奇数年 7月13日
那久路神社(五箇地区)

隠地神楽の1つ。かつて、昔から那久路地区に伝えられていた神楽でしたが、途中で途絶え、昭和55年、地域住民の手によって復活されました。

どうごくみかぐら
島後久見神楽
写真 西暦偶数年 7月15日
西暦奇数年 7月16日
伊勢命神社(五箇地区)

県指定無形民俗文化財。隠地神楽の1つ。久見神楽は、伊勢命神社の例祭日に、神事の後、「儀式三番八乙女神楽」を夜を徹して行います。

にしむらかぐら
西村神楽
写真 毎年 8月14日
西村神社(中村地区 西村)

町指定無形民俗文化財。周吉神楽の1つで、夜を徹して行われます。元来は麦秋6月4日に行われていたことから、「麦神楽」とも呼ばれます。

しろかぐら
代神楽
写真 西暦奇数年 10月17日
北谷神社(五箇地区 代)

町指定無形民俗文化財。隠地神楽の1つで、久見神楽の流れを組んでいます。

このページの先頭へ