このページの本文へ

人と自然をつなぐ島 隠岐ユネスコ世界ジオパーク

サイトマップ

このページの位置
Home > 大地の成り立ち > ジオパークを楽しむための“目のつけどころ”(大地編) > 地球史の基礎知識 ~地球を知るためのモノサシ~

地球史の基礎知識 ~地球を知るためのモノサシ~


隠岐諸島の歴史年表(年代目盛りに注意)

ジオパークの中で紹介される風景や岩石は、ただ美しかったり珍しかったりするだけでなく、それらがどのようにして生み出されてきたのかを理解することで、私たちの住む地球や、その中の地域がどのようにしてできたのかがわかります。

しかしその理解は簡単ではありません。残されている証拠はとぎれとぎれになっていることに加えて、地球の歴史(地球史)は文字通りケタ違いの現象が起きているからです。

日本列島の形成なんてかわいいもので、大陸の半分を溶岩が埋め立てるような火山活動(シベリアントラップ)や、地球上の大陸が約4億年のサイクルでくっついたり離れたりをくり返すウィルソンサイクル、地球全体が凍りついた寒い時代(スノーボール・アース)、生物種の95%が消えた大量絶滅(ペルム紀末の大量絶滅事変)など、ひとつひとつを取り上げるだけでも圧倒されそうなのに、それらが互いに関係していることまで判りつつあるのです。

そしてこのような巨大な変化はよそのできごとではありません。私たちの住んでいるこの地域でも起きたことで、それぞれのできごとの証拠が残っているかどうかの違いがあるだけなのです。地球規模のできごとの証拠はどんな地域にも見られます。ただ、知らないだけ、知られていないだけに過ぎません。

ポイント

  • 地球の歴史は岩石が教えてくれる
  • 地球史を考えるときには大きな「モノサシ」が必要