このページの本文へ

人と自然をつなぐ島 隠岐ユネスコ世界ジオパーク

サイトマップ

このページの位置
Home > 大地の成り立ち > 日本海形成の時代 > グリーンタフ

グリーンタフ


グリーンタフの現地看板(島後)

日本列島の形成を一番わかりやすく示している岩石がグリーンタフと呼ばれるこの岩石です。

本州の日本海側に沿って2000~1500万年前の緑色をした川や湖でできた地層が広く分布しています。これは、当時の日本海側に土砂がたまるような環境が広範囲にわたって存在していたことを教えてくれます。


グリーンタフの分布

さらに、緑色は火山灰に含まれる成分から由来したものであり、当時の火山活動が活発であったこともわかりますし、当時の川や湖に棲んでいた生物の化石も見つかることから、当時の日本周辺がどんな環境だったのかということまで知ることが出来ます。


グリーンタフの一例、大久の犬島

この他にもグリーンタフからわかることはたくさんあります。ユーラシア大陸の東岸の一部が割れて太平洋側に移動して日本列島ができたこと、その移動は現在の日本海にあたる部分の土地が引き延ばされてゆくことで生じたこと、そこに湖ができたこと、この地殻変動の現場にはたくさんの火山があったこと、当時の日本周辺は現在の東南アジアのような温暖な環境だったことなどです。

なお、隠岐ではこの地層からワニ、スッポン、コイ、南方系の淡水二枚貝、タニシの仲間などが見つかっています。

ポイント

  • 日本海沿岸に広く分布する、およそ2000~1500万年前の川や湖で形成された地層
  • 隠岐では島後、島前両方に見られ、ワニの歯の化石、スッポンの化石、暖かい地域の淡水性貝化石が発見されている
  • 含まれる火山灰の成分によって緑色をしていることが多いためグリーンタフ(緑色凝灰岩)と呼ばれている