このページの本文へ

人と自然をつなぐ島 隠岐ユネスコ世界ジオパーク

サイトマップ

このページの位置
Home > 大地の成り立ち > 火山島の時代

火山島の時代 (1000万年前〜500万年前)

激しい噴火、そして隠岐の誕生へ

海の底深くに沈んでいた隠岐。その眠れる大地が地表に姿を現すきっかけとなったのは、「火山」でした。隠岐は地殻変動(プレート活動)によって徐々に隆起を始め、約600万年前、島前と島後で起きた二つの激しいアルカリ火山岩の活動によって、いまの島の原型が造り出されました。(アルカリ流紋岩島前カルデラ参照)。その後も火山活動は続きましたが、約50万年前、ついに火山の時代は終焉のときを迎えます。

火山活動がもたらしたものは、隠岐諸島の形成だけではありません。私たちに「地球からの手紙」(マントルゼノリス)を届けてくれました。(マントルゼリノス参照)。


深い海の底にあった隠岐はプレートの活動によって徐々に隆起を始め、約600万年前に大規模な二つの火山活動によって、島前と島後の島が形づくられました。この火山活動は約550万年間も続きました。


火山活動のイメージ


フィーダー岩脈


マントルゼノリス

火山活動がもたらした隠岐の大地

Copyright 2013 Oki Islands UNESCO Global Geopark Office