このページの本文へ

人と自然をつなぐ島 隠岐ユネスコ世界ジオパーク

サイトマップ

このページの位置
Home > 人の営み > 隠岐だからこそ生まれた文化 > 隠岐造り建築

隠岐造り建築

隠岐造り建築とは隠岐独特の建築様式で、神社の本殿に用いられる神社建築と一般の民家に用いられる住宅建築に分かれます。

隠岐造り神社の場合、屋根は大社造りに似て「妻入り」、平面形は「神明造り」に似て横長の短形となっており、春日造りのように向拝がついているが、春日造と違って向拝と大屋根が離れています。 


隠岐造り民家(億岐家住宅)

また、隠岐造り民家の場合は、玄関が三つあるのが最大の特徴で、入り口は身分や用途によって使い分けられます。間取りが鍵型になっているのも隠岐造り古民家の特徴となっています。

ポイント

  • 入り口が3箇所(古民家の隠岐造り)
  • 鍵座となった作り(古民家の隠岐造り)
  • 土台が強固 (古民家の隠岐造り)
  • 隠岐独特の様式(神社本殿の隠岐造り)
  • 国内の様々な特殊様式の組み合わせ(神社本殿の隠岐造り)

Copyright 2013 Oki Islands UNESCO Global Geopark Office