このページの本文へ

人と自然をつなぐ島 隠岐ユネスコ世界ジオパーク

サイトマップ

このページの位置
Home > 推進協議会

推進協議会

会長挨拶


隠岐ユネスコ世界ジオパーク推進協議会 会長 松田和久

隠岐地域は平成25年(2013年)9月に世界ジオパークに認定され、世界ジオパークネットワークに加盟しました。更に、平成27年(2015年)11月に世界ジオパークの活動がユネスコの正式事業となったことにより、隠岐ユネスコ世界ジオパークとして日本国内だけではなく、世界の一員として、グローバルな視点においての活動が求められることとなりました。

隠岐については、後鳥羽上皇、後醍醐天皇が配流(はいる)された島として知っておられるのではないでしょうか。また、昭和38年に「大山隠岐国立公園」に指定された雄大な自然環境によって観光地として賑わってきましたが、それだけではなく、日本列島の成り立ちや地球規模の環境変化、地球の内部のことを知ることができる地質現象、北方系、南方系、大陸性、高山性の植物が共存する世界的にも珍しい植物分布、そして、黒曜石を通じた3万年前からの歴史をこの小さな島でまとめて知ることができます。まさに、まるごとジオパークの島となっています。

隠岐ユネスコ世界ジオパークでは、何億年も前からの「大地の成り立ち」、北方系と南方系の植物が混在する「不思議な生態系」、黒曜石による「古代から続く人の営み」の3つをテーマとして紹介し、それぞれの関係を紐解く旅を提供しています。

このホームページから、知られざる隠岐の魅力を発見する旅を始めてください。