このページの本文へ

−人と自然をつなぐ島− 隠岐ユネスコ世界ジオパーク ホーム

Menu

このページの位置: ホーム 推進協議会 スタッフ紹介

スタッフ紹介

名前・役職 自己紹介 大好きなジオ・スポット
野辺 一寛(のべ かずひろ)
事務局長
隠岐の島町役場職員。隠岐の島町出身で、中学卒業後隠岐を離れた経験から、ジオパークを活用した隠岐に生まれた事への誇りと愛情を持って隠岐を語れる人づくりを目指しています。 乳房杉、壇鏡の滝
小林秀成(こばやし ひでなり)
企画員
石川県出身。ご縁があってこの春から隠岐ジオパークでお世話になることになりました。「隠岐の島から学び、島にお返しする(恩返しできる)」ようなスタッフになることを目指して活動していきたいと思います。
気になる隠岐文化:隠岐民謡
ローソク島、乳房杉
長田 樹(おさだ たつき)
企画員
隠岐の島町出身。ジオパーク歴3年目
隠岐の素晴らしさを地元および島外の方に知っていただけるように、日々精進していきたいと思っています。よろしくお願いします。
白島海岸、壇鏡の滝、ローソク島
丸田 洋樹(まるた ひろき)
企画員
2018年より地域おこし協力隊として、隠岐の島町より出向で来ました。
隠岐ジオパーク3年目です。
千葉県出身で、大学では地理学を勉強していました。
岩倉の乳房杉(隠岐の島町)
赤ハゲ山から見た島前カルデラ(知夫村)
小池 愛子(こいけ あいこ)
企画員
海士町から出向してきました。徳島県出身。隠岐暮らしは6年目に突入。これまで協議会のある島後にはあまり来ることがなかったので、2年間の任期の間に島後のこともいろいろ学び、隠岐のことをより深く理解できればなと思います。 島前カルデラ、西郷湾(島後)
池永 遼介(いけなが りょうすけ)
地質研究員
京都府出身で、専門は有機地球化学です。大学時代に隠岐を訪れて雄大な自然に感動した経験から、隠岐での暮らしと仕事を志しました。島外出身ならではの視点から、隠岐の魅力を発信していきたいです。 知夫赤壁、壇鏡の滝
ヤゴダ・ヴォウォシェン
国際交流員
ポーランド出身です。2016年からジオパークで働いています。歴史と文化に興味があり、隠岐で見られる独特な祭や地質と文化のつながりについて色々学びたいと思います。 那久岬(島後)、鬼舞展望所(西ノ島)、島津島(知夫里島)
カトリーナ・キリンジャー
国際交流員
アメリカ出身です。2019年8月からジオパークで働いています。隠岐は自然豊かでとても綺麗なので、島に着いた日から心を奪われました。これから隠岐の自然やここに住んでいる人について、たくさん学ぶことをとても楽しみにしています。 福浦トンネル、浄土ヶ浦海岸、奥津戸海岸

このページの先頭へ