このページの本文へ

−人と自然をつなぐ島− 隠岐ユネスコ世界ジオパーク ホーム

Menu

このページの位置: ホーム お知らせ 第6回アジア太平洋ジオパークネットワークシンポジウムに参加

第6回アジア太平洋ジオパークネットワークシンポジウムに参加

   2019年9月1日から6日にかけて、第6回アジア太平洋ジオパークネットワーク(APGN)シンポジウムが、リンジャニ・ロンボクユネスコ世界ジオパーク(インドネシア)で開催されました。当協議会からは事務局長、企画員、専門員の3名と今回は島根県立隠岐高等学校生徒3名および教員1名が参加しました。

 

写真1.ジオパークを活用した幼児向け教育の取り組みについての口頭発表の様子

写真2.外来種オオキンケイギクの駆除活動についての口頭発表の様子

 

シンポジウムでは、隠岐の取り組みとして「ジオパークを活用した幼児向け教育の効果について」、そして隠岐高校のジオパーク研究の中で高校3年生の3人が取り組んできた「外来種オオキンケイギクの駆除活動について」、英語でそれぞれ発表しました。どちらの発表もたくさんの方々に関心を持っていただきました。

※隠岐高校の口頭発表については下記のURLを参照ください。

 

シンポジウム期間中にあったフィールドワークでは、リンジャニ・ロンボクユネスコ世界ジオパークの伝統文化や風景を見学させていただきました。

写真3.先住民ササク族の伝統的建物を受け継ぐグマンタルの村

写真4.ベナン・ケランブ滝

 

○隠岐高校生の口頭発表動画

 

このページの先頭へ